《スポーツ障害.com》スポーツ障害は自然形体療法で早期回復が可能です。スポーツ障害で悩んでいた方の早期回復記録です。

スポーツ障害で悩んでいた方達の早期回復の記録
東京 中村先生

野球肩、野球肘、ソフトボール

17歳 高校3年生 女子 ソフトボール部

平成18年、右肘痛。投げるときに痛い。

平成22年、右肘痛。肘がのびなくなる。

昨年肘を痛め、練習・試合を控えていたため、だましだましおこなう。

高校ラストの試合を終え、大学進学に備え、いまのうちにからだのメンテナンスをおこなおうと、ご紹介でなかむら自然形体院へ来院。

お盆休みでの帰省中で、本日夕方には出発ということで、急きょ午前に施術をおこなうことに。

現在の症状。右肩痛。投げるときの痛み、じっとしてても痛いときがある。

8月に入り、大会も終わり1週間ほど投げてなく、先日投げると肩に痛みがあったとのこと。

痛みは音の性質と良く似ていて大きな音は小さな音を消滅させます。たとえば数か所に痛みがあったとすると、その中で1番大きな痛みだけを感じるのです。ですから1番の痛みを解消させると2番目が、2番目を解消させると3番目が感じられるのです。

骨盤の歪みねじれの解消、全身の歪みねじれを解消。

歪みを解消してからシャドーピッチングをしてもらう。

「痛いです。投げる途中で肩の前側に痛みがあります。」

肘の上下、上腕から肩にかけての緊張を解消する。

もう1度シャドーをしてもらう。

「痛くないです。」

まずは第1関門突破。あとは、実際にボールを投げてどうか。

あらかじめソフトボールを持ってきてもらうよう伝えていたので、店外でキャッチボールをする。数球投げる。

「軽めなら痛くないけど、強く投げると痛いです。」

そのままもう1度シャドーをし、痛みのでる動作を確認。

投げる動作中の肩の動作を修正。もう1度キャッチボール。

「さっきより全然いい。7,8割の投球はOK。全力はまだ痛い。」

動作修正を数回繰り返しキャッチボールをおこなう。

「痛みはほとんどない。変な投げ方をしたときにだけ痛いです!!」

動作時の動きの修正は大丈夫そうだ。あとは筋肉自体の疲労が考えられる。

もう1度店に戻り、肘肩の細かい緊張を入念にとり、施術をおえる。

遠方で定期的に施術をうけられないため、自分でできるケア方法、自己療法を伝える。

はじめてソフトボール選手とキャッチボール。

硬式球も痛いが、非じゃないくらいにソフトボールは痛い。案の定、翌日手が腫れてました笑

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

右膝半月板損傷、右膝のキンキンとした痛み

14歳 中学3年生 男子 バトミントン部

1ヶ月前から右膝に痛みがではじめる。キンキンとした痛み。

スポーツ(バドミントン)している時、ガクッとして動けなくなる。

曲げると痛い、着地の時、走るとき、階段(特に下り)の痛みがある。

数日前、整骨院へいき、包帯でぐるぐる巻きに。

手術はしたくない。だが数週間後には卒業旅行?!でオーストラリア?!へいく学校行事がある。3年間楽しみにしてた行事なのでなんとか行けるようになりたい。

滋賀県、京都府にある関西予防医術研究所 さまのBlogを見て興味を持ち電話。

そこで当院なかむら自然形体院をご紹介いただき来院。

来院時は松葉杖をついてなんとか歩いている状態。

仰向けになると、両ひざとも曲がったままで伸びきっていない。

膝裏を触診すると数か所に塊がある。

まずは体の歪みをとる。それから膝裏に存在する塊をとる作業に。

少し時間がかかったが、ほとんどきれいに取れた。

じゃあ、動かしてみて。

歩く、動かす、歩く「痛くないです!!」

そばでみていたご両親はついつい「ほんとかよー?!」と。

通常の歩行、曲げ伸ばしの痛みは解消。ただ体のバランスが取れる歩いていて体が左右にふらふらと。

骨盤を修正。骨盤の修正はまだ習得中の技術で少し時間を要する。

ピタッ決まったところでもう1度動いてもらう。

「大丈夫!!」

見ていても歩行の姿勢が変わったのがわかる。

階段の上り下りの際の恐怖心が残るため、完全ではないが日常生活に問題がないくらいまでに。

「これでオーストラリアにはいけますよ」

「ありがとうございます!!」

さっきまでびっこ引いて痛みのあった膝が歩いても屈伸しても痛くない。

その現実にご両親は??になってました。

施術後、当院の理論、施術に関すること、術後についてのご質問、おおおそ30分。

患者さまの笑顔、それを傍からみているご両親の??顔が印象的でした。

後日、数回の施術をおこない、無事オーストラリアへいけました!!

オーストラリアのお土産ありがとうございました!!!!

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

腰痛、椎間板の潰れ、バドミントン

13歳 女子 バドミントン部

DMを見て、なかむら自然形体院へ来院。

もともと腰の痛みがあった。中学生にして慢性的な腰痛もち。慢性的な痛み、ズキズキした痛み。

数日前、海?プール?で飛び込みをした際に腰をねじる。

じっとしてても痛い、あおむけで寝ていても痛い、1番らくなのが座っている姿勢。

まずは検査から。

からだがゆがんでいる。背部、腰部にふれると、がちがちに張っている。緊張状態。

あおむけで足を伸ばす姿勢が痛いとのことで膝を立てた状態で施術をおこなうことに。

張りを解消する。すぐに緊張がとれ、やわらかくなってくる。

問診の時点で原因が何か、察しがついていたので、原因をとりのぞく。

あおむけで足を伸ばしても痛くなくなった。立って動いてもらう。

「痛くないです!!」さっき痛かった動作ができるようになった。

もう少し動いてもらう。連続してジャンプ、大きくねじる。

少し痛みがでた。不自然な動きを解消し、もう1度動いてもらう。

「痛くないです!!大丈夫です!!」

翌々日から練習、数日後に試合を控えているということ。

自身でできる自己療法、ストレッチ、ケア方法を教える。

あとはしっかりお風呂にはいり、十分な睡眠をとれば大丈夫だろう。

以前、お父さまが師匠の施術をうけ半月板損傷がなおり、1度連れていきたいと思っていたところ、タイミングよくDMを見られ来院された。

話をしてると、練習前にストレッチはおこなうが練習後はしないらしい。

これでは疲れがたまるいっぽう。アフターケアは入念におこなわないと、けがにもつながるし、十部なパフォーマンスが発揮されない。

からだのアフターケアは入念に。痛みなく試合ができるといいですね。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

かかとの痛み、内くるぶしの痛み、アレルギー性鼻炎のサッカー少年

11歳 男子 サッカー部

お母さんが前日施術を受け、本日紹介でなかむら自然形体院へ来院。

3年前にサッカー練習中に足首を剥離骨折。2年前には右手指腱断裂。

そのほかに1年に1,2回と繰り返す癖になった捻挫(実際には癖ではなく、なおりきっていないため再発します。)、腰痛、膝痛、背中の痛み、アレルギー性鼻炎。

今回の症状は、かかとの痛み(練習後特に痛くなる)、内くるぶし上の痛み。走ると痛い、かかとを着くと痛い。

触診をするとアキレス腱に腫れがあり、熱をもっている。このまま放っておくと断裂の可能性もある。ふくらはぎから大腿の前後までガチガチに張っている。膝は曲がっていてあおむけで寝ていても伸びきらない。

疲労がたまっている証拠だ。これでは負担がかかり、からだに痛みがでて当然といった状態だ。

まず大腿前後の張りを解消する。すぐに張りはとれた。その効果がふくらはぎにも良い影響をあたえ、ふくらはぎの張りもとれていている。

からだは1ヶ所良くなるとその良い影響はほかの部分に広がっていくのだ。

引き続きふくらはぎの張りを解消するとアキレス腱の腫れが引き、熱ももたなくなった。

大きく変化がでた為、立って歩いてもらうことに。

歩く、小走りをする。

「大丈夫です、痛くないです」

練習あとにかかとの痛みが強くでるということで、実際に外で長い距離を走ってもらうことに。

声をかけずに見ているともくもくと走る。

しばらくして、

「ちょっと痛みがでました」ということなので、

もう1度店に戻り、足首の動きの修正、かかと・足裏の疲労をとり、もう1度外を走ってもらうことに。

「大丈夫です、痛くないです」

これだけ走っていたくなければ大丈夫だろうというくらい走った。

午後から練習ということで全身を整えて施術を終了した。

話をきくと、練習を休めない為、かかとの下にクッションをあて練習をしているようだ。クッションをひけば痛みは緩和される。

だが、このように保護してしまうと、からだはすぐに退化してしまう。

サポーター、テーピングも同様に良くないことなので注意しておきたい。

今回の痛みの原因はおおかた疲労によるものだろう。

練習後しっかりとしたケア、ストレッチを行ってことが大きな要因のひとつだ。

(まぁ、大半のクラブチーム・部活・学生スポーツをやっている子はこれができていないだろうが)

その日、翌日と連絡がなく、どうしているかと気にかけていた数日後に、お母さんが施術にこられたので話を聞いた。

その後痛みはなく、日々練習をおこなっているようだ。

しっかりストレッチをするように念をおしておいた。

また、こんな感想をいただいた。

いろんな病院へいっては痛みのともなう施術だったようで、当院では気持ち良くて寝そうになったと。

当院では無痛で痛み。諸症状を解消できます。まずはご相談ください。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

野球肩、肩の痛み、肩が挙がらない高校球児

17歳 男子 高校球児 ピッチャー

大会間近の追い込み時期。

高校1年生からエースとして投げっぱなしの選手。

春先からずっと肩に違和感があり、最近になってだんだん痛みが出る。

ボールを投げると痛い。肩を回すとゴリゴリする。肩が挙がりずらい。

ピッチング練習前に施術。

前々からフォームに無理があると感じていた。力がある分、力任せにからだをつかってしまう部分がある。

触診をしても、肩まわり、肩甲骨まわりががちがち。

施術をおこない、シャドーピッチングをしてもらう。

「痛みはなくなりました。まだ少し肩が挙がりずらいです。」

肩を挙げる際の癖を修正し、もう一度シャドーピッチング。

「スムーズに挙がりました。スゲーす。ヤベーす。」

シャドーでOKだったので、実際にピッチングをしてもらう。

徐々にペースを挙げ、MAXで投げてもらう。

「完璧っす」

癖を直す自己療法を教えて終える。これでばっちり。

大会までもう少し。

投打の主軸として、チームを引っ張ってください。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

捻挫、足首が動かせない高校球児

17歳 男子 高校球児 キャッチャー

試合前から右ふくらはぎからアキレス腱にかけて少し違和感がある。

試合中、だんだんと痛みがではじめ、6回を過ぎた頃にはしゃがむことが困難で、びっこを引いてなんとかベンチに戻ってくる。

自軍攻撃中に施術をおこなう。

ちょうど打線も下位だったので時間はとれないなと予想しながら問診、触診、施術へ。

数分後…

痛かった動作をする。足首を動かす、まわす、しゃがむ等々。

「痛くないっす」

「ジャンプしてみて」

「大丈夫ッス!!え??いま何したんですか??」と驚きの反応。

総本部で創始者山田洋先生の施術を日々見学し、劇的になおるのが習慣となり、当たり前となりつつあった時期だったため、当たり前のように感じる自分がいま思うとこわい。

よく注意される。なおることが当たり前にならないようにと。

それは受手に伝わり、その感動が薄れてしまう。

結果がでるのは当然うれしい。さっきまで??だった顔が笑顔になるのだから。

まぁ、この子のようになにをやったんですか??とハテナは残ったままが多いけども。

なおれば本人も自分もうれしいことに変わりはない。

話を戻して、案の定攻撃はすぐに終わり…守備につく。

どきどきしながら見ていると、動きがいい。

久々に盗塁を刺し、監督コーチ陣もご満悦。

キャプテンとしてチームを引っ張っている彼。

3年間の集大成の大会も間近に迫ってきている。

悔いの残らないよう、全力で楽しんでほしい。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

野球肩、ボールが投げられない高校球児

17歳 男子 高校球児 センター・ショート

大会まで1ヶ月前。

2ヶ月前くらいから、投げるときに肩に痛みがでる。

レギュラーのため休めず、だましだまし練習・練習試合をこなす。

だんだんと投げられる距離が短くなり、とうとう10メートルも困難な状態で連絡がはいる。

触診をすると、肩から手首・手先にかけてがちがちに張っている。

背中もがちがち。

無理をして1ヶ月間練習をしていたため、からだ全身が固まっているようだ。

その日は練習試合ということもあり(この状態でも試合にでる予定でした)

試合前のアップ中に施術をおこなう。

時間がなかったため、痛みの最終確認ができないまま試合がはじまる。

ポジションはセンター。

試合中盤まで守備機会はない。

そして試合終盤。

2アウト2,3塁という場面で打球はセンターに。

猛然とダッシュをし、思い切りバックホーム。矢のような送球、いわゆるレーザービームとでもいいましょうか。

2塁ランナーを刺し、満面の笑みでベンチへ戻ってきてハイタッチ。

「肩が軽かったんで、投げてみたら投げれちゃいました笑」

「あざす!!(ありがとうございます略)」

大会まであとわずか。

切り込み隊長としてチームい勢いをつけてください。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675