《スポーツ障害.com》スポーツ障害は自然形体療法で早期回復が可能です。スポーツ障害で悩んでいた方の早期回復記録です。

スポーツ障害で悩んでいた方達の早期回復の記録
野球肩、野球肘、ソフトボール

野球肩、野球肘、ソフトボール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

17歳 高校3年生 女子 ソフトボール部

平成18年、右肘痛。投げるときに痛い。

平成22年、右肘痛。肘がのびなくなる。

昨年肘を痛め、練習・試合を控えていたため、だましだましおこなう。

高校ラストの試合を終え、大学進学に備え、いまのうちにからだのメンテナンスをおこなおうと、ご紹介でなかむら自然形体院へ来院。

お盆休みでの帰省中で、本日夕方には出発ということで、急きょ午前に施術をおこなうことに。

現在の症状。右肩痛。投げるときの痛み、じっとしてても痛いときがある。

8月に入り、大会も終わり1週間ほど投げてなく、先日投げると肩に痛みがあったとのこと。

痛みは音の性質と良く似ていて大きな音は小さな音を消滅させます。たとえば数か所に痛みがあったとすると、その中で1番大きな痛みだけを感じるのです。ですから1番の痛みを解消させると2番目が、2番目を解消させると3番目が感じられるのです。

骨盤の歪みねじれの解消、全身の歪みねじれを解消。

歪みを解消してからシャドーピッチングをしてもらう。

「痛いです。投げる途中で肩の前側に痛みがあります。」

肘の上下、上腕から肩にかけての緊張を解消する。

もう1度シャドーをしてもらう。

「痛くないです。」

まずは第1関門突破。あとは、実際にボールを投げてどうか。

あらかじめソフトボールを持ってきてもらうよう伝えていたので、店外でキャッチボールをする。数球投げる。

「軽めなら痛くないけど、強く投げると痛いです。」

そのままもう1度シャドーをし、痛みのでる動作を確認。

投げる動作中の肩の動作を修正。もう1度キャッチボール。

「さっきより全然いい。7,8割の投球はOK。全力はまだ痛い。」

動作修正を数回繰り返しキャッチボールをおこなう。

「痛みはほとんどない。変な投げ方をしたときにだけ痛いです!!」

動作時の動きの修正は大丈夫そうだ。あとは筋肉自体の疲労が考えられる。

もう1度店に戻り、肘肩の細かい緊張を入念にとり、施術をおえる。

遠方で定期的に施術をうけられないため、自分でできるケア方法、自己療法を伝える。

はじめてソフトボール選手とキャッチボール。

硬式球も痛いが、非じゃないくらいにソフトボールは痛い。案の定、翌日手が腫れてました笑

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>