《スポーツ障害.com》スポーツ障害は自然形体療法で早期回復が可能です。スポーツ障害で悩んでいた方の早期回復記録です。

スポーツ障害で悩んでいた方達の早期回復の記録
腰痛、椎間板の潰れ、バドミントン

腰痛、椎間板の潰れ、バドミントン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

13歳 女子 バドミントン部

DMを見て、なかむら自然形体院へ来院。

もともと腰の痛みがあった。中学生にして慢性的な腰痛もち。慢性的な痛み、ズキズキした痛み。

数日前、海?プール?で飛び込みをした際に腰をねじる。

じっとしてても痛い、あおむけで寝ていても痛い、1番らくなのが座っている姿勢。

まずは検査から。

からだがゆがんでいる。背部、腰部にふれると、がちがちに張っている。緊張状態。

あおむけで足を伸ばす姿勢が痛いとのことで膝を立てた状態で施術をおこなうことに。

張りを解消する。すぐに緊張がとれ、やわらかくなってくる。

問診の時点で原因が何か、察しがついていたので、原因をとりのぞく。

あおむけで足を伸ばしても痛くなくなった。立って動いてもらう。

「痛くないです!!」さっき痛かった動作ができるようになった。

もう少し動いてもらう。連続してジャンプ、大きくねじる。

少し痛みがでた。不自然な動きを解消し、もう1度動いてもらう。

「痛くないです!!大丈夫です!!」

翌々日から練習、数日後に試合を控えているということ。

自身でできる自己療法、ストレッチ、ケア方法を教える。

あとはしっかりお風呂にはいり、十分な睡眠をとれば大丈夫だろう。

以前、お父さまが師匠の施術をうけ半月板損傷がなおり、1度連れていきたいと思っていたところ、タイミングよくDMを見られ来院された。

話をしてると、練習前にストレッチはおこなうが練習後はしないらしい。

これでは疲れがたまるいっぽう。アフターケアは入念におこなわないと、けがにもつながるし、十部なパフォーマンスが発揮されない。

からだのアフターケアは入念に。痛みなく試合ができるといいですね。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>