《スポーツ障害.com》スポーツ障害は自然形体療法で早期回復が可能です。スポーツ障害で悩んでいた方の早期回復記録です。

スポーツ障害で悩んでいた方達の早期回復の記録
かかとの痛み、内くるぶしの痛み、アレルギー性鼻炎のサッカー少年

かかとの痛み、内くるぶしの痛み、アレルギー性鼻炎のサッカー少年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

11歳 男子 サッカー部

お母さんが前日施術を受け、本日紹介でなかむら自然形体院へ来院。

3年前にサッカー練習中に足首を剥離骨折。2年前には右手指腱断裂。

そのほかに1年に1,2回と繰り返す癖になった捻挫(実際には癖ではなく、なおりきっていないため再発します。)、腰痛、膝痛、背中の痛み、アレルギー性鼻炎。

今回の症状は、かかとの痛み(練習後特に痛くなる)、内くるぶし上の痛み。走ると痛い、かかとを着くと痛い。

触診をするとアキレス腱に腫れがあり、熱をもっている。このまま放っておくと断裂の可能性もある。ふくらはぎから大腿の前後までガチガチに張っている。膝は曲がっていてあおむけで寝ていても伸びきらない。

疲労がたまっている証拠だ。これでは負担がかかり、からだに痛みがでて当然といった状態だ。

まず大腿前後の張りを解消する。すぐに張りはとれた。その効果がふくらはぎにも良い影響をあたえ、ふくらはぎの張りもとれていている。

からだは1ヶ所良くなるとその良い影響はほかの部分に広がっていくのだ。

引き続きふくらはぎの張りを解消するとアキレス腱の腫れが引き、熱ももたなくなった。

大きく変化がでた為、立って歩いてもらうことに。

歩く、小走りをする。

「大丈夫です、痛くないです」

練習あとにかかとの痛みが強くでるということで、実際に外で長い距離を走ってもらうことに。

声をかけずに見ているともくもくと走る。

しばらくして、

「ちょっと痛みがでました」ということなので、

もう1度店に戻り、足首の動きの修正、かかと・足裏の疲労をとり、もう1度外を走ってもらうことに。

「大丈夫です、痛くないです」

これだけ走っていたくなければ大丈夫だろうというくらい走った。

午後から練習ということで全身を整えて施術を終了した。

話をきくと、練習を休めない為、かかとの下にクッションをあて練習をしているようだ。クッションをひけば痛みは緩和される。

だが、このように保護してしまうと、からだはすぐに退化してしまう。

サポーター、テーピングも同様に良くないことなので注意しておきたい。

今回の痛みの原因はおおかた疲労によるものだろう。

練習後しっかりとしたケア、ストレッチを行ってことが大きな要因のひとつだ。

(まぁ、大半のクラブチーム・部活・学生スポーツをやっている子はこれができていないだろうが)

その日、翌日と連絡がなく、どうしているかと気にかけていた数日後に、お母さんが施術にこられたので話を聞いた。

その後痛みはなく、日々練習をおこなっているようだ。

しっかりストレッチをするように念をおしておいた。

また、こんな感想をいただいた。

いろんな病院へいっては痛みのともなう施術だったようで、当院では気持ち良くて寝そうになったと。

当院では無痛で痛み。諸症状を解消できます。まずはご相談ください。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>