《スポーツ障害.com》スポーツ障害は自然形体療法で早期回復が可能です。スポーツ障害で悩んでいた方の早期回復記録です。

スポーツ障害で悩んでいた方達の早期回復の記録
半月板損傷で膝を伸ばしきると痛い!

半月板損傷で膝を伸ばしきると痛い!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

19才 大学生 ソフトボール 千葉県

3月授業中フットサルをしている時、競り合いをして左膝が
ゴキっとなり痛めた。

病院で診察を受け半月板損傷と診断。
その後リハビリで筋肉を付けるトレーニングを
していたが一向に変化が無いので来院した。

半月板損傷の主訴
・走って急に止まると痛い
・バッテイング時捻ると痛い
・階段の昇降が痛い
・踏み込み時に痛い

施術を開始、身体の歪みが酷い状態
何処に痛みが出てもおかしくない身体の状態である。

本人にもわかるように説明すると自分でも自覚していた
様子で納得しておられました。

筋肉を触ると痛くない方の右側の方が、かばっているせいで
パンパンに張っている。
放っておくと今度は右側の膝も痛くなることがある。

自然形体療法独自の道具、MCとMCCを使って拘縮を取ると
あっという間に柔軟な筋肉に変わっていく。いつものことながらMCの施術効果に驚く。

施術途中で立ってもらい痛かった動作をもらう。
来た時よりすごく良くなっているが最後に伸ばしきった時に違和感が残る。
そこで自然形体だけの独自の手法をすると痛くない!
痛かった時の動作をしてもらうと「痛くない!」

不安な面持ちで来院してこられたが数十分後には満面の笑みがこぼれている。

遠く千葉の学校から実家に帰る途中、京都に立ち寄り施術を受け、また飛行機に乗って
実家に帰るとのこと。

心配してお母さんが電話をしてこられ今の状況を説明すると、「手術はしなくて大丈夫
ですか?」と聞かれる。

「今現在、来院時の痛みは消失しています。確実に変化が出てきているので大丈夫ですよ。」
と答える。

その後、MCの使用方法を含め自分でケアすることを指導して終了しました。

スポーツをする上では自分でケアすることは体作りをする上でも大切な仕事である。

帰りは足取り軽くで実家へと帰って行かれました。

関西予防医術研究所

京都府京都市下京区南不動堂町805
アパガーデンコート京都駅前1001
電話075-352-6021

滋賀県長浜市朝日町38-10
電話0749-65-3837
中村美由紀

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>