《スポーツ障害.com》スポーツ障害は自然形体療法で早期回復が可能です。スポーツ障害で悩んでいた方の早期回復記録です。

スポーツ障害で悩んでいた方達の早期回復の記録
両膝のオスグッド

両膝のオスグッド

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中学1年 男子 野球部 両膝のオスグッド

平成25年5月19日 1回目の来院

昨年12月頃より、両膝の痛みがあった。

(昨年12月より今年2月までは、クロカンをやっていた)

そのころから、正座では膝が痛かった。

この春、中学生になって、5月に入ってから、

体力テストなどで長距離を走ったら、急激に悪化してしまった。

整形外科では、オスグッドとの診断。

病院の先生に言われたことは、

「オスグッドは治らないから、痛みとつきあっていきなさい。」

「痛みとつきあっていく、というのは、スポーツはやられない

ということですか」

と聞くと、

「止めなくていいけど、痛かったら痛く無い程度にほどほどに」

せっかく入った野球部なのに、ろくに練習もせず、やめなければ

いけないのか、とさえ思った。

整骨院では、電気をかけ、湿布をはり、お風呂上がりには冷やす

ように、と言われた通りにしていたが、これで、いいのだろうか。

なんとか治らないものか、と、お母さんが検索して来院。

さあ、彼の膝はどうなったでしょうか。

平成25年5月19日 1回目の施術

両膝の痛み。

正座できない。深く曲げられない。

押すと痛い。

階段で痛い。

走ると痛い。

圧痛(押すと痛い)を直すには、ひたすら撫でる。

ひたすら撫でていると、だんだん圧痛は軽くなり、

とうとう圧痛は無し。

そして、膝関節のずれを直す。

それから、膝を深く深く曲げていくと、

あれ?あれ?どんどん曲がる!

痛く無いか確かめながら曲げていく。

うふぁあ~!1番深くまで曲がっちゃった!

「えっ?そんなに曲がるの?驚いた!」とお母さん。

もう片膝も同じ。

次に正座してもらうと、

オスグッド以外のところがちょっと痛かったけど、

それはすぐに直り、

はい!1回の施術で、完璧に正座できました。

病院では、「重症」と言われたそうです。

膝の関節のずれが、彼のオスグッドの原因だったんですね。

継続して施術する予定です。


コスモス自然形体院
     〒012-0862 秋田県湯沢市関口字関口15-2
     090-5596-4792
     小松 尚子

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>