《スポーツ障害.com》スポーツ障害は自然形体療法で早期回復が可能です。スポーツ障害で悩んでいた方の早期回復記録です。

スポーツ障害で悩んでいた方達の早期回復の記録
テニスでの肩痛

テニスでの肩痛

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中3 女子 テニス部

サーブのとき、肩の後ろ側が痛い。

普通にラケットを振るときもたまに痛い。

肩周辺の筋肉の疲労、緊張をとっただけで、だいぶ楽になった。

更に、痛みの出るかっこうで、筋肉の癒着をとると・・・・・・・・

「ぜんぜん痛く無いです!」

その後、全身のストレッチの指導。

自転車の例えで、

同じ技術を持っていても、

整備された自転車に乗ると、スムーズに走れるが、

チェーンがさびていたり、タイヤの空気が抜けていたりしたら、

ぎこぎこしてスピードが出せない。

人間の身体も同じ。身体は道具だから、

整備すれば、すなわちストレッチをする、睡眠時間をとる等、きちんとやれば、

調子良く、身体の切れも良く、身体の動きも素早く、

フォームも良くなり、上達も早い。

と、まあ、こんな説明で、ストレッチの必要性を力説。

6月ごろまで大会が続くので、是非、ストレッチを実行して、

実力を発揮してほしい。

数日後、お母さんが来院。

テニスの練習をしても、痛みは出ていない、とのこと。

テニス、がんばってね。


コスモス自然形体院
     〒012-0862 秋田県湯沢市関口字関口15-2
     090-5596-4792
     小松 尚子

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>